Women’s Wellness Action from Shibuya|「女性のウェルネス思考」を発信・啓蒙

SIW2021のセッション「Z世代のココロとカラダの性を考える」を経て、女性が日々直面する女性特有の健康課題への認知を拡大し、解決のための行動を促進することを目的に、2022年3月「国際女性デー」月間に合わせて有志のメンバーによってWomen’s Wellness Action from Shibuyaが発足。

<オフィシャルサイト>
https://womens-wellness-action.com

若い女性の集まる情報発信地である渋谷区を中心に、国際協力NGOジョイセフ(JOICFP)や活動に賛同する企業・個人と連携しながら、特に SRHRのテーマに関する情報発信・啓発活動や問題解決のためのサービス・プロダクト開発を通して、望まぬ妊娠や婦人科系疾患、性に関する人権侵害から女性を守ることを目的に活動していきます。

<Women’s Wellness Action コンセプト>
#女性の健康が世界を変える
今を生きているすべての女性が、
自分のココロとカラダに向き合える。
それは、社会が優しくなる一歩になると
私たちは、信じています。
毎日をもっと、ここちよく。
世界をもっと、あたたかく。
一人一人のアクションが、
明日の笑顔につながるように。
さぁ、ここ渋谷から、動き出そう。

<活動指針>
1.渋谷区から日本国内、世界に「女性のウェルネス思考」を発信し、心と身体の健康を啓発する。
2.フェムテックなど、女性の健康やウェルビーイングのための、新しい視点や技術を広く周知する。
3.渋谷区らしい先進的で楽しいアクティビティを通して賛同を集め、支援の輪を広げる。

<Women’s Wellness Action実行委員会メンバー>
実行委員長 長田新子(一般社団法人渋谷未来デザイン)
実行委員長 森田由紀(渋谷区議会議員)
副実行委員長 小池ひろよ(一般財団法人渋谷区観光協会)
実行委員 小野美智代(公益財団法人ジョイセフ)
実行委員 廣瀬礼子(公益財団法人ジョイセフ)
実行委員 田中雅之(KARADA内科クリニック院長)
実行委員 伊藤たけし(渋谷・表参道 Women’sRunレースディレクター)

関連記事|VOICE
「走る悦びも、女性特有の生きづらさも、地域や人との対話で共通のアジェンダに」— 小澤真琴さん(ニューバランスジャパン)× 長田新子(渋谷未来デザイン)

主催

BMW

共催

渋谷区

特別協賛

日本財団

企画制作

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 実行委員会