山下織江

一般社団法人INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会 理事

10代初めに乾癬を発症。その後20代半ばに関節炎の症状も現れる。若い頃は特に孤独感や見た目の問題に苦しむ。大学時代、海外に留学し、乾癬の社会的認知度の違いを経験。2017年から患者仲間と共に日本における乾癬の社会的認知度の向上と正しい情報の啓発普及を行う活動を開始し、INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会の立ち上げメンバーの一人となる。私生活では乾癬を抱えながら思春期、仕事、結婚、出産、子育てを経験。INSPIRE JAPAN WPDのビジョンでもある「乾癬で苦しむ人がいない世界」を目指して活動している。

Organized by

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 実行委員会

CO-Supported

渋谷区
日本財団

後援

一般財団法人渋谷区観光協会
渋谷未来デザイン