event_img
超・福祉展で挑むダイバーシティの実現

登壇: 須藤シンジ

2019.09.18(水) 12:00〜12:45

渋谷ヒカリエ 8階 8/COURT

Learning

#DDS

#DiveDiversitySession

#NewRules

#SIW

#須藤シンジ

「イノベーション」とは何か?

それは必ずしも最新テクノロジーや技術革新ばかりではありません。多くの国々では「新たなものの捉え方」と解され、人的な行為•行動を指す場合も増えてきました。

今、オランダ、フィンランド他いくつかの国々から、「イノベイティブである」と興味をもって頂いている企画を継続中です。今回は、その中でもダイバーシティの実現に向けた取り組みの一つ「超福祉展 」を解説します。

ダイバーシティ=多様性に寛容であることは地域や街の永続的な発展に不可欠な要素です。
一方、なぜダイバーシティが実現しないのか? 私たちはその理由が、マジョリティ・マイノリティ双方に存在するスティグマと呼ばれる「意識(心)のバリア」にあると考えました。

いかにそれをクリエイティブに氷解させるか。渋谷の街を媒体に見立てた超福祉展という「手段」のひとつを題材に、皆さんと共有する時間を楽しみにしています。



須藤シンジ
"心のバリアフリー"をクリエイティブに実現する思想や方法として、「ピープルデザイン」という概念を提唱。
ダイバーシティな社会の実現を目指し、渋谷区などの行政と協働したマチづくりを推進。

著書に「意識をデザインする仕事」(CCCメディアハウス)。

| アクセス

〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ 8階 8/COURT

SHARE

お気に入りに登録する