ファッションは人を元気にする力がある

SPEAKER:加藤健一/田中絢子/山口大人

Networking

オンライン配信あり


イベント詳細

  • 日付:
  • 会場: GAKU
  • カテゴリ:

<日時> 11月11日(水) 19:00-21:00
<会場> GAKU

観覧お申し込みURL:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScnrmhz9T92jrfjPdemFAwEG5x5zWouf0CbF0vCdWGaG8DqXA/viewform

flying jeans × 文化服装学院 コラボレーション企画
トークセッションでは、多様な価値観の個人が好奇心を持ち、どのように未来を創造することができるのか、様々なバックグラウンドの方々の知見を元に、その可能性を探求します。
後半には、登壇者との交流とディスカッションを通して、ダイバーシティと共存し、新しい価値を生み出し続ける社会を作る一員として「私にできることは何か?」という問いに参加者の方々にも向き合っていただきます。

<SPEAKER>
一般社団法人 山形バリアフリー観光ツアーセンター 代表理事
加藤健一
1980年南陽市生まれ。21歳で難病の筋ジストロフィーの診断を受け、長期の治療を余儀なくされ医師からは仕事に復帰することは困難と宣告される。入院から半年後には、病気の進行と薬の副作用により歩くことができない状態となった。病気の進行により29歳で外出時のみ車イスの利用となる。30歳で在宅勤務、32歳に自力歩行が困難になり、フル車椅子生活へ。
2014年33歳、これまでの自身の経験を社会のために活かすべく一念発起し、有志メンバーを募りGratitude結成。「ひとりのハートが世界を変えられる。」を理念に掲げ、誰もが住みよい社会を目指し、障がい者等用駐車場の塗装作業「ブルーペイント大作戦」やバリアフリー交流会、研修会等を通してバリアフリーの理解促進を図り、障がい者の外出促進と健常者・障がい者間のコミュニケーションの活性化を目指し活動中。

COHINA 代表/ディレクター
田中絢子
早稲田大学政治経済学部卒業後、Googleに新卒入社。広告営業に従事する。2018年1月に、自信の悩みに基づいてCOHINAを創業。現在COHINAインスタフォロワーは15万人程度。インスタライブも毎日配信し、小柄女子のコミュニティを築いている。

MASATO YAMAGUCHI DESIGN OFFICE 代表 / デザイナー
山口大人
文化ファッション大学院大学出身。在学中から国内外でリメイクブランドを展開。 現在はリユースなどサステナブルファッションを専門にデザイン、 商品企画、 イベント企画、講師、 企業のアドバイザー、 学会での研究などマルチに活動の幅を広げている。ファッションビジネス学会 FashionGood 研究部会 部会長、一般社団法人 TSUNAGU 理事、ユニバーサルファッション協会 理事を務めている。

主催:丸安毛糸株式会社 / 学校法人文化学園 文化服装学院

CONTACT

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 実行委員会

※お名前、電話番号をお書き添えのうえ、
内容をできる限り具体的にご記入願います。