event_img
大都市の公共空間の可能性

登壇: 宇留間範昭 後藤太一 泉山塁威 大西陽介

2019.09.20(金) 12:00〜13:00

渋谷ヒカリエ 8階 8/COURT

Learning

#DDS

#DiveDiversitySession

#NewRules

#SIW

#大西陽介

#宇留間範昭

#後藤太一

#泉山塁威

ストリート文化に象徴される渋谷らしさを生かし、多様な人々を惹きつけ、
新しい価値を生む『成熟した国際都市 渋谷』という「渋谷計画2040」のビジョンを生かして、
商店街・デベロッパー・自治体等がこれから、大都市「渋谷」の公共空間をどう利活用して、
都市の発展に繋げて行くかを考えます。

「渋谷計画2040」
http://www.shibuya-redvlp.com/2040.html

主催: 渋谷再開発協会


泉山塁威
都市戦術家|Tactical Urbanist|Placemaker
東京大学先端科学技術研究センター 助教
一般社団法人ソトノバ 共同代表理事・編集長
PlacemakingX Japan Regional Network Leader
専門は、都市経営・エリアマネジメント・パブリックスペースマネジメント。
タクティカル・アーバニズム、プレイスメイキング、規制緩和制度などを研究し、国内の社会実験やアクティビティ調査、エリアマネジメント検討などの実践に関わる。
著書:「ストリートデザイン・マネジメント: 公共空間を活用する制度・組織・プロセス」(共著)など

大西陽介
渋谷道玄坂青年会 副会長
渋谷道玄坂商店街振興組合 理事
広告会社ADKに10年在職後、家業を継ぎつつ道玄坂エリアを中心とした渋谷の地域活動に携わる。
2017年より始まった「渋谷盆踊り」の企画運営を始め、各企業や団体、行政との渋谷における街づくりや社会実験に取り組んでいる。
また20年来のDJの経験も活かし、地域とナイトカルチャーの橋渡しを行う等、ナイトタイムエコノミーの振興にも力を入れている。

宇留間範昭
東京急行電鉄株式会社 渋谷開発事業部 課長
1997年 東急電鉄入社
~2005年 同社人事部人事課 人事制度構築および運用、行動指針(東急VALUE)の策定
~2011年 SC運営会社へ出向、現場と本社を経験してSC経営を学ぶ
~2016年 渋谷ヒカリエの開業準備~運営を経験
~2019年 シェアードサービス会社へ出向、東急グループの事業特性を経営の観点から学ぶ

後藤太一
リージョンワークス合同会社 代表社員
一般社団法人 渋谷未来デザイン プロジェクトデザイナー
1997年UCバークレー校都市地域計画学科修了後、ポートランド都市圏自治体「メトロ」成長管理局に勤務。
2003年福岡に移り関係者協働を立ち上げ福岡の成長基盤づくりに貢献。
徳島県神山町、「渋谷未来デザイン」と地域戦略を推進する法人を設計し設立に参画。

| アクセス

〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ 8階 8/COURT

SHARE

お気に入りに登録する